アフィリエイトで稼ぐ方法

 節約生活応援WEB SITE! 

  メールプロフィール&運営者


 食費を抑える方法

食費についての私の考え
袋分けで食費を管理する
食費を押さえるポイント
上手に使え!冷凍食材

 光熱費を効果的に節約する
電気代の節約
ガス代の節約
水道代の節約













  DECOBOXで節約上手トップ > 節約 (食費を抑える方法) > 食費についての私の考え

食費についての私の考え



  
昨今の物価の高騰には頭が痛いですね。
食品の安全も危ぶまれているこの時代ですから、目先の便利さや金額ばかりにこだわって買い物もできませんし。
健康の維持の為にも金額を削る事ばかりをクローズアップした節約を考えるのではなく、全体のバランスも取りつつ、使い過ぎない努力をする事が大切だと思います。

では、どうやったら健康を維持しつつ食費を減らせるでしょうか?まず、考えたいのは
 
 ・買った物を腐らせたり捨てたりする事はないか
 ・必要以上に買いだめをしていないか
 ・必要以上に高い物を買っていないか
 ・そして、手作りしているか


同じ様な家族構成でも、食費に掛かる金額にそれぞれ違うと思います。うまくやり繰りして、節約できている人もいれば、節約しているつもりでもなかなか食費が減らないと言う方もいるでしょう。どこが違うのでしょうか?

食材捨ててませんか?
まず、食費が減らないと言う方は食材を捨てていないか振り返って見て下さい。パンの残りの1枚とか、キャベツの最後の1/4カットとか、大根や人参の使い残し・・・等々です。その残りの食材も味噌汁の具にしたり、サラダに入れたり小さなおかずに変身させましょう。買った食材は全て「使い切る」これは環境の為にも是非実践したい事です。やり繰り上手な主婦は食材の廃棄は一切していないと思います。

買い物の回数を減らそう
それから、食費の削減に効果があるのは、買い物の回数を減らす事です。あまり頻繁に買い物に行くと必ず余分なお買い得品を見つけて買ってしまいます。その内使おうと冷凍庫にポイと入れて、気が付いたらひと月以上たっていたなんて事ありませんか?冷蔵庫に食材があるのに買い物に出かけると、ついでだからとつい余分な物を買ってしまいますから、買い物に行きたくなっても1日だけ我慢してその日は冷蔵庫の中の物で済ますと言うクセを付けておくと良いと思います。そうすれば、冷蔵庫の中もパンパンにならずにすみますから。どうしても足りない物がある時はそれのみを買って後は冷蔵庫の中の物を使う様工夫すると良いですね。

効率の良い献立作り
効率の良い献立作りも食費の節約には必須。
健康のことも考えて、少な過ぎない、多過ぎない、バランスの良い献立作り。
私の献立の基本は一汁二菜一サラダを基本に考えています。
・メイン
・小さいおかず
・汁物
・サラダ
こんな感じです。
毎日のレシピの提案をしてくれるサービスもありますので、献立を上手く考えられないと言う人は試してみると良いと思います。
ばんごはんドットコム
最初の一ヶ月はお試し期間で無料で本サービスと同じ物が受けられます。私も使っていますが、凄くおススメですよ!栄養士の考えたレシピなので、栄養バランスもとても良いですしとても参考になります。
土曜日には1週間のまとめ買いリストと翌週のレシピの概要も配信してくれるところがとても良いです。本当に無駄買い減りますよ!

無駄遣いは何?
自分の家の食費が高いと感じている方は一度、食事の内容や材料の事を振り返ってみると、意外な落とし穴に気がつくかもしれませんよ。私なんかは時々振り返ると、お菓子とかを買い過ぎている事が多いですね^^。おやつの買いすぎは節約の敵ですよ。無ければ無しで済むものなのですから。

それから、お米。これはあまり安い物だと味が悪いのですが、あまり高いものだと食費に大きな影響を与えます。

手作りが一番!
そして、材料の高い安いよりももっと大切だと思うのは手作りしているかどうか、です。食費を抑えたい、そう思ったらまず基本は手料理です。家族の為を思って作る手料理は食育の基本であり第一歩。家族の為に料理して食べさせるだ、それは主婦の本業ですから、そうそう手抜きをしてはいけない場所とも作れ私は思っています。そして、手料理なら同じ金額を払っても、量が沢山るので翌朝も出せれば、手間もかからず一石二鳥^^。
インスタント、惣菜、冷凍食品を減らして手作りをメインにする事はとっても大切な事だと思っています。

献立は「一汁二菜一サラダ」こんな風に考えて作っています。
二菜といっても一つは奴やお浸しの様な小さなおかずです。

外食を減らす
これは頻、上の手作りが一番!の話とダブりますが、食費の削減を考えるなら繁はな外食は控えましょう。、家族4人で外食するとなると、最低でも4,000円払がうでしょう?子供が小さいのでラーメンやうどん屋さんもよく利用しますそれでもた3000円位は何だかんだ言って払いますもの。(ファミレスは使っ事が無いけど、それでも結構すると思う・・・)

安心な食材を選ぶ
疲れていたり、体調の悪いときのお助け食材として、お惣菜や冷凍食品にも頼りますが、それでもやっぱり基本は手作りとしています。そして何より手料理は自分自身が作るのですから、体に良い安心な素材や調味料を自ら選ぶ事が出来るのです。それが一番!
最近では食品に対する信頼も薄れており、悲しい世の中ですね。賞味期限切れの材料を使っていて問題となった大手食品会社は数知れず、そして後を自耐えない・・・。コストも高く不安が残る既製品を食べるよりは安くて安心な分まの手料理を家族にはもちろん食べさせたいし、自分も食べたいと思いす。
でも、仕事を持っている女性や子育て中の女性は完璧に家事や炊事をこなすのは本当に大変な事だと思います。私も2人の男の子のお母さんです。それはもうやんちゃで、疲労は溜まるばかり。本当にヘトヘトで午後にはクタクタ「惣の時だってしょっちゅうなんです。だから、「作りたくない」「手を抜きたい」菜使いたい」そう思う事なんでしょっちゅうです。
どうしても、ど〜〜〜〜〜〜しても!疲れている時にはお惣菜で済ます事もありますし、そう言う時は惣菜や外食に頼っています^^。そして次の食事からは又がんばるのです^^。

安心食材でお勧めなのがオイシックス。
インターネット広告なども沢山目にしますからご存知の方も多いのでは?
私はかれこれ2年以上使っています。
少し高いが美味しいので^^。

よく、オイシックスとスーパーの買い物はどんな風にしていますか?
と質問のメールを頂きます。
Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)←私はオイシックスを月に2回頼んでいます。
1回の注文は4000円位かな?だから月に約8000円。
オイシックスでは豚肉と卵がメイン、野菜も時々。
スーパーめの買い物は週に2回と決めて、1回の買い物は4,000円以内と決ています残。この4000円で、メインとなる食材(肉や魚)を最低3品購入してりで物野菜や豆腐、納豆、調味料などを買います。そして3〜4日間は買いに行かずに粘る!そんな感じです^^。
お金が有り余るほどあれば、もっとオイシックスの割合を増やしたいけど今はそうも行かない^^;。

【50%OFF】Oisixおためしセット←興味のある方はお試しからどうぞ^^


まとめ
そんな考えですので私は、意外と食材の高い安いにはこだわりません。それよりも、「美味しい食材かどうか、或いは安全な食材かどうか」と言う事を購入のポイントにし、少しくらい高い食材を調達しても外食をなるべく減らす努力の方に重きを置いています。実際、有機無農薬・減農薬野菜などは普通の野菜よりもどうでしょう?2割くらい高いのではないでしょうか?安くても絶対に中国産の野菜は買わない様にしています。

2008年3月現在、我が家の食費は月に4万円です。
(米・酒代含まず)

サイト及び晩御飯ブログ立ち上げ当時は食費は3万円でしたが、息子達も成長し、上の子が4歳位を過ぎた頃から3万円の枠では収まらなくなりました。オトコの子は良く食べる!!!^^;。現在長男6歳、次男4歳、上の息子は私よりもたべますから!!米3合炊いても、お代わりされると、足りなくなりそうで、私思わず控えますから^^;。図らずも良いダイエットになってます・・・。

ですから、現在の家族構成は
  夫
  私
  長男 6歳
  次男 4歳
の4人家族。食費は、ひと月4万円の現状です。
もはや米代はこれに含んでいません。別口で必要です。
現在公開している晩ご飯のブログでの食費はこの4万円で遣り繰りした内容となっています。
DECOさんちの晩ご飯


米代含めて3万円で遣り繰りしていた頃に公開していた古いブログはコチラです。ご覧下さい。
旧DECOさんちの晩ご飯

 一人暮らしの方も是非、おっくうがらずに手作り楽しみましょう。独身時代に料理が上手になるチャンスですもの。節約しながら女も磨き、料理の腕も上げましょう!
 食費を安く抑えるコツ!やはり家で食べる手作り料理が物を言います。とにかく食事は手作りが一番。料理が嫌いな人には大変かもしれませんね?でも、簡単でいいと思うんです。手抜き料理でもいいんです。手作りしましょう。
かくいう私も手抜き多いです^^。
 




 食費をひと月3万円に抑える方法

食費についての私の考え
袋分けで食費を管理する
食費を押さえるポイント
上手に使え!冷凍食材

 光熱費を効果的に節約する

電気代の節約
ガス代の節約
水道代の節約

このページのトップ↑
DECOBOXで節約上手トップへ


 

DECOBOXで節約上手(C)2003 All Right Reserved.