節約と投資で資産を構築し、生活の向上をはかり、危機管理を実行します!

 
  節約生活応援WEB SITE!   

年間貯金200万!私流家計管理
家計簿でお金の流れを知る
収入から支出の流れ
貯金先取りは常識!決めては財形貯蓄
不意な出費の備えをする
無理な計画は計画倒れの元
保険料の払い過ぎは致命傷
望まなければ叶わない、それが夢
家計の改善すべき点を見つける
目標を決める
貯金額の算出方法
高金利の銀行で貯金する
公的給付金の活用
貯金計画成功のポイント











  DECOBOXで節約上手トップ > 貯金 > 無理な計画は計画倒れの元

無理な計画は計画倒れの元



  

 貯金可能な額は年間いくら?

自分の家計で、貯金の可能額をキチンと算出した上で貯金の計画を立てましょう。
手取り年収400万円の世帯で400万円の貯金は当然無理です。

では、300万円ならどうでしょうか?
まだ無理です。
では、200万円ならどうでしょうか?
そろそろ、可能な額に近づいてきましたね。
では、150万円ならどうでしょうか?
これ位なら少し節約すれば可能ではないでしょうか?

家計簿を見ながら
毎月の必要なお金
毎年の必要なお金

この二つをきちんと正確に把握して、年収からそれらを差し引き、毎月の貯金可能額を算出しましょう。

結婚当初の貯金スタート時、我が家の家計の詳細はこんな風でした。

家賃   1万8千円
食費   3万円
生活雑費 5千円
夫小遣い 3万円
水道光熱費1万2千円
行楽費  5千円
通信費  5千円
電話代  8千円
合計 約12万円を生活費として使っています。
生命保険、自動車保険、学資保険、税金等のお金はボーナスから捻出していました。
そして貯金は月々12万円、ボーナス月は30万円、年間にすると204万円の貯金です。
これを5年間ずっと守り続けて来ました。


貯金は早ければ早い程良い

貯金のスタートは早ければ早い程良いと思います。
上の私の貯金スタート時の家計の詳細を見て頂いても分かりますように、かなりタイトな家計ですが、これは大人2人だから出来た家計だと思います。
子供が出来てしまったら、光熱費もこの様な訳には行きませんし、生活雑費は更に増えるでしょう。
そして、子供は生まれたその時だけでなく、年々、年を追うごとにお金が掛かる様になってくるのです。行楽費も多くなる、洋服、日用品、幼稚園に通い出せば、月謝、給食費・・・、お金が掛かるのなんのって^^;。

「若い内は2人で遊びた〜い」
はい、それも良く分かります。でも結婚後、子供が産まれると絶対に貯金が苦しい時がやって来る事を覚えておいて欲しいと思います。
結婚直後、あるいはDINKS時代にもっとお金を貯めておけばよかったと後悔する事の無い様に。その時はお金に不自由をしていないので気付き難いのかもしれませんが、一番の貯め時は結婚直後です。
それから、幼稚園時代は比較的お金が掛かりますが、小学校の低学年は貯めやすい時期だと思います。


共働きをする

私は強い専業主婦願望がありました。
結婚が遅かった為、18歳で就職以来ずっと、仕事を頑張って来ました。
職はいくつか変わりましたが、目標や夢を持って仕事をしていましたし、収入も年齢やスキルを重ねるごとに増えていました。しかし、人間関係等のストレスも相当感じていましたので、結婚したら専業主婦となり、夫や子供の為だけに働きたい。そう思っていました。
そして、晴れて専業主婦となり


数ヶ月で妊娠しましたので、共働きを考える暇も無く、妊娠から子育てに突入していましました。
ですから、貯金も結構厳しい状況の中で頑張ってきたな〜、と思っています。
結果的には計画通りに貯金を敢行し、目標であったマイホームを手に入れたので、それはそれで良いのですが、新婚時代に少しでも共働きの時代があったらもう少し、楽に貯金ができたかもしれません。

晴れて、手に入れた専業主婦の座も子供が居ない間は暇を持て余して、退屈をしていました。今思えば働けば良かったのに、と思います^^が、後の祭りですね。


主婦のお小遣い

結婚して、専業主婦になる、それと同時に自分のお小遣いも要らなくなりました。夫は「自分の為にもっと使いなよ」と言ってくれましたが、当時は新婚生活がとても楽しかったので、そとでストレスを発散する必要も全くありませんでした。それに、独身時代の散在(^^;)で、洋服や化粧品はすでに沢山持っていましたので、それ以上欲しいと思う事もありませんでした。私は、それよりも美味しい料理を作ったり、好きなパソコンを触って、ホームページを作ったりする事の方が好きでした。
私は、今でこそアフィリエイトによる収入がありますので、自分の事にお金を使いますが、無収入の間は時々美容院に行く以外は、お金を使いませんでした。それも極端な話だとは思うんです。主婦労働だって、れっきとした労働なのですから、自分の愉しみの為に少々のお金は使っても良いと思います。ただ、自分の家の家計や貯金を圧迫しないような範囲内で楽しみましょう。




年間貯金200万!私流家計管理
家計簿でお金の流れを知る
収入から支出の流れ
貯金先取りは常識!決め手は財形貯蓄
不意な出費の備えをする
無理な計画は計画倒れの元
保険料の払い過ぎは致命傷
望まなければ叶わない、それが夢
家計の改善すべき点を見つける
目標を決める
貯金額の算出方法
高金利の銀行で貯金する
公的給付金の活用
貯金計画成功のポイント

▲ページトップへ
DECOBOXで節約上手トップへ


 

DECOBOXで節約上手(C)2003 All Right Reserved.