広告

 節約生活応援WEB SITE! 

  メールプロフィール&運営者


年間19万円の節約に成功
公的保障がいくらか知る
死亡保障額の計算法
現状の保障内容を把握する
問題点の洗い出し
見直し前と見直し後
見直しのポイント
結果と反省
高額医療費給付制度
保険料を減らす裏ワザ
資料請求、比較して選ぶ
FPによる無料見直し相談










  DECOBOXで節約上手トップ > 生命保険の節約 > 結果と反省

結果と反省



  
結果
1ヶ月の保険料を
25,250円 から 9,658円 に減らす事が出来た(15,592円減)
年間にすると187,104円減らす事が出来ました.

=感想=
良かった点は、万が一の時には最低限の保障があればよいと言う考え方に基づいて見直したのですが、結果的には保障額を以前より増やす事が出来たと言う点です。なぜでしょうか?自分達の家族構成や生活の水準に合っていない保険に入っていたからだと思います。
それともう一つ、保険会社も色々な商品を開発しているので加入した当時とは違う商品が沢山あると言う事です。自分達に合う保険をその中から探しました。
しかし保険はむやみに見直して入り直したり止めたりすると損してしまう事もありまから、現在の保険が家族にあった物であればさわる必要はまったく無いと思います。でも自分達の入っている保険がどのような保険かをきちんと知っておく必要はあります。そういう意味で今回見直しをしてとても良かったと思いました。
この自前の保障と公的保障を合わせて、自分も働いていれば普通に生活していけるだけの保障は確保出来ていると思います。保障は多ければ多いほど安心ではありますが、私達は土地や家も持ちたいと言う夢もありますから高額の保険料を払って必要以上の保障を持つよりもその分お金を貯めたいのです。
それにしても思った以上に保険料、スリムになりました。良かった!

生命保険を見直して勉強になった事と反省点
今回我が家の保険を見直ししてみて、反省点と感想をあげてみました。

  • まず人に勧められて入ってそのままにしてあった為に随分もったいない保険料を払い続けていたなーと深く反省。

  • 年齢、家族構成に応じて必要な保障も変わってくるものだと知りました。
    子供が小さければ保障は沢山必要だし、大きくなれば少なくてもいいし。

  • 保障の期間が大切だと言う事。何歳までこの保障は続くのかと言う事はちゃんとチェックしておいたほうがいいです。

  • 特に医療保障の期間。例えば50歳くらいで切れてしまうとするとその年齢ばで新たに入り直すと保険料がもの凄く高くなります。しかも入れれまだ険良くてその年齢になる頃にはなんらかの病気をしたりしていて保そのものに障新たに入れない可能性も高いですよね。これから医療保を内使う率が高くなると言う時に入れない・・・ではツライ。ですから若いに終身医療を確保しておく事って大切だなーと思いました。

  • 保険って期間とか保障額とか色々変える事が出来るんです。保険の営業の方が持ってきてくれるプランは気持〜ち高めの様な気がします。ですから私は「期間をもう少し短くして、死亡保障は○○円下げて」とか「の特約はいらない」と言う感じで営業さんに伝えて何度かプランを出こし直してもらいました。

  • そう言う意味では信頼出来る営業さんに出会う事も大切ですよね。保険の事だけでなくライフプランや経済の事など勉強になる意見を沢山聞けます。ゴリ押ししてくる営業さんは嫌です。

  • 自分達に合った保障を持つ事ってとても大切な事だと感じました。と同時に家族みんなの健康も大切と痛感しています。普段の食生活や生活習慣、なあなあにしていますが、健康な暮らしをする事が何より頼りになる保険です。これに気づいただけでも保険見直してよかったです。


    広告


    年間19万円の節約に成功
    公的保障がいくらか知る
    死亡保障額の計算法
    現状の保障内容を把握する
    問題点の洗い出し
    見直し前と見直し後
    見直しのポイント
    結果と反省
    高額医療費給付制度
    保険料を減らす裏ワザ
    資料請求、比較して選ぶ
    FPによる無料見直し相談

    このページのトップ↑
    DECOBOXで節約上手トップへ


     

DECOBOXで節約上手(C)2003 All Right Reserved.