アフィリエイトで稼ぐ方法

 節約生活応援WEB SITE! 

  メールプロフィール&運営者


年間19万円の節約に成功
公的保障がいくらか知る
死亡保障額の計算法
現状の保障内容を把握する
問題点の洗い出し
見直し前と見直し後
見直しのポイント
結果と反省
高額医療費給付制度
保険料を減らす裏ワザ
資料請求、比較して選ぶ
FPによる無料見直し相談










  DECOBOXで節約上手トップ > 生命保険の節約 > 死亡保障の計算法

死亡保障の計算法



  
万が一の時に必要なお金っていくらでしょう?
それがあやふやでは死亡保障を決めにくいですね。
残された家族が必要以上に裕福でなくても、衣食住や教育に困らない最低限のお金はいくらあればよいのかをおおまかにでも把握した上で死亡保障額を決めると良いですね。


必要であろう生活費 − 公的保障額 − 収入 = 民間の保険で準備する死亡保障額


一般的にはこの様な考え方で死亡保障の額は決めると良いのです。が、必要であろう生活費の金額が確かな物が出しにくいですよね。教育費一つとっても、子供が大学に行くか行かないか、私立か公立か、男か女か、等によっても違ってきますから。色々細かい計算方法はありますが、それはいずれ良く調べてアップしたいと思っています。

私は今回、生協の無料保険相談と、郵便局の相談センターでアドバイスしてもらいおおよその金額を出しましたが、それにはあんまりこだわらずに見直しを進めました。
公的保障は生活費に当て、自分で用意する保障は子供の教育費と自分の老後に当てる。そんなイメージです。子供一人につき1000万、自分の老後に1000万。合計3000万の死亡保障(主人)。なんとアバウトな!こんなに一生懸命勉強してるのに。でも計算して出した金額も大体こんな金額でした。

●死亡保障の簡単計算をするならココでどうぞ→保険スクエアBang!


広告



年間19万円の節約に成功
公的保障がいくらか知る
死亡保障額の計算法
現状の保障内容を把握する
問題点の洗い出し
見直し前と見直し後
見直しのポイント
結果と反省
高額医療費給付制度
保険料を減らす裏ワザ
資料請求、比較して選ぶ
FPによる無料見直し相談

このページのトップ↑
DECOBOXで節約上手トップへ


 

DECOBOXで節約上手(C)2003 All Right Reserved.