アフィリエイトで稼ぐ方法
  節約生活応援WEB SITE!   
デジカメ写真の上手な撮り方new!!
1章 撮影
2章 画像処理
フォトショップで画像処理(1)
フォトショップで画像処理(2)
私のカメラ

現在私の使用しているデジカメ

パナソニック LUMIX DMC-FZ7
約3万円と言う低価格で素晴らしい機能と映りです。一眼ではないが、コンパクトタイプとは一線を画す。絞りやシャッタースピードの調節も可能。超おススメだ!
Lumix公式ホームページ
パナソニック LUMIX DMC-FZ7




私が以前使っていたデジカメ


フジフイルム
デジタルカメラ
「FinePix F401」

メーカー希望小売価格(税別)64,800円
実勢価格2〜3万。このコンパクトカメラも良く活躍してくれましたが、現在は廃盤。
FUJIFILM公式ホームページhttp://fujifilm.jp/indexf.html





  DECOBOXで節約上手トップ > デジカメ写真の上手な撮り方

私のカメラ


現在私が使っているデジカメはパナソニック LUMIX DMC-FZ7
コンパクトより超高性能、それでいて一眼よりも軽くて小さい!
そして驚きの安さ!コンパクトタイプよりも低価格でこれほど遊べるデジカメは無い。写真が好き。でも一眼レフ買うほどのお金や知識が無いと言う私にはピッタリのカメラ^^。
Lumix公式ホームページ パナソニック LUMIX DMC-FZ7

 サイト開設時よりずっとフジのコンパクトデジカメを使っていました(FinePix)。かれこれ4年の付き合いでしたが、調子が悪くなりこの度、買い換えを決意。今度は一眼レフを買うぞ!と鼻息荒く意気込んでいたのですが・・・。

 去年、義兄が買った新しいデジカメ。それが、LUMIX DMC-FZ7だった。義兄は、特別カメラが好きと言う訳ではなかったけど、今年送られて来た年賀状の写真は何か違った。愛娘の笑顔はピタリと止まる様に一番素敵な表情の一瞬だけが切り取られていた。笑顔を作って「ハイチーズ」とポーズした写真じゃない。本当に笑っている一瞬を捉えた写真だった。背景はボンヤリと霞み、人物はくっきりと浮き出て、とても良い写真だった。
「あ、にいちゃん一眼買ったんじゃない?」
と夫と噂をしていた。その後、お正月に顔を合わせた時に早速、
「ねーねー!おにいちゃん、カメラかったんでしょ〜〜!見せて見せて一眼レフでしょーー?」
と詰め寄った。すると義兄の以外な返事、
「いや、これ一眼レフじゃないよ・・・」
え?違うの?!とビックリした。
そこにあったLUMIXは本当に小ぶりなボディで、手に持ってみるとすごく軽い。でもちゃんと大きなレンズが点いていて外観的には一眼ぽい雰囲気。

 このページでは、LUMIX DMC-FZ7 で最近撮った写真を数点紹介してみます。この機種でどれほどの写真が撮れるかをご覧下さい。特別何かこだわりを持って撮ったわけでなく、何気に撮った写真ばかりです。機械が変わるとこんなに違う物かな〜?と実感しています。子供などの人物写真はどうも苦手でしたが、子供の生き生きとした表情を簡単に切り取れるカメラだと思いましたよ。しかも3万で買えるなんて、これは・・・。楽天市場LUMIX DMC-FZ7を検索


 

何かに集中する子供の真剣な眼差し。近寄らなくても光学12倍ズームで離れたところから撮影が可能。その為、近くでカメラを構えないので、コチラを意識していない自然な写真が撮れます。
背景もボンヤリと霞んで自然な雰囲気をかもし出す。







  

屋外での撮影。
天候は曇り、「かんたんモード」で撮影。影の具合とか曇りの方がむしろキレイに撮れるみたい。子供って、外で遊ぶ時はご機嫌よくて、こんなおどけた表情を沢山見せてくれますよね。屋外であればシャッタースピードが早くなり、絞り値は小さくなるので、背景がよく霞んでより雰囲気のある写真が撮れます。「人物モード」があるので、特別自分で露出を決める必要は無い。もちろん自分で設定する事も可能。



室内、朝の撮影。
これも「かんたんモード」での撮影。かんたんモードで「連写オン」撮影。連写モードは10枚連写するので、思い切って10枚連写でシャッターを押し続けると、簡単に面白い表情を捉えることが出来ます。
朝日が当たって立体感のある雰囲気に撮れました。







これは、「待ってよ〜〜〜」と叫ぶ次男を望遠で連写しました。しっかり脇を締めて撮れば、ちゃんと遠くにいる息子の表情をキャッチできる。












夕方の暗がりの中での撮影でもある程度、明るく撮影できる。でも、どうしても、シャッタースピードが遅くなる為に、動いている被写体はブレる。
でも、この写真も面白いと思う。私自信も早歩きしながら撮影している為、写真の手前側が流れる様に霞んでいる。








私が一番多く使う料理の撮影もバッチリ。料理モード、又は接写モードで撮影すれば被写界深度の浅い写真が撮れる。もうこれでフォトショップで背景や料理の後ろをぼかす必要は無くなりました。楽チン。無修正でこれだけキレイに撮れるって凄い。もっと接写してもピシッと撮影可能ですよ。







どれ程被写界深度が浅く取れるかをカゴを使って試し撮りしてみました。カゴの一番手前にピントを合わせれば数センチ向こうはもうボケてくれる。コンパクトタイプでコレほど向こうがボケた写真は無理無理。















デジカメ写真の上手な撮り方
1章 撮影
2章 画像処理
フォトショップで画像処理(1)
フォトショップで画像処理(2)
私のカメラ

このページのトップ↑
DECOBOXで節約上手トップへ

 

 

DECO BOXで節約上手(C)2003 All Right Reserved.