アフィリエイトで稼ぐ方法
  節約生活応援WEB SITE!   
デジカメ写真の上手な撮り方new!!
1章 撮影
2章 画像処理
フォトショップで画像処理(1)
フォトショップで画像処理(2)
私のカメラ

現在私の使用しているデジカメ

パナソニック LUMIX DMC-FZ7
約3万円と言う低価格で素晴らしい機能と映りです。一眼ではないが、コンパクトタイプとは一線を画す。絞りやシャッタースピードの調節も可能。超おススメだ!
Lumix公式ホームページ
パナソニック LUMIX DMC-FZ7




私が以前使っていたデジカメ


フジフイルム
デジタルカメラ
「FinePix F401」

メーカー希望小売価格(税別)64,800円
実勢価格2〜3万。このコンパクトカメラも良く活躍してくれましたが、現在は廃盤。当コンテンツで使用しているほとんどの画像がこのコンパクトカメラで撮影したものです。
FUJIFILM公式ホームページhttp://fujifilm.jp/indexf.html





  DECOBOXで節約上手トップ > デジカメ写真の上手な撮り方

2章 画像処理



  
 第1章では、撮影の時の注意点を述べてみました。
 では第2章では撮影した写真をパソコンで処理する事によって更に写真を綺麗に仕上げる方法を説明します。
 写真も撮りっ放しでは後方に余分な物が映っていたりしますよね?そう言う物を除いたりと言った一手間が写真をとても素敵に仕上げるポイントです
 それから、写真に奥行きを感じさせるテクニック、Adobe社のフォトショップと言う画像処理ソフトを使って画像に少し手を加える事について、ここではお話します。


トリミングで余分な物を消す

 
↑トリミング前                         ↑トリミング後

  トリミングとは・・
画像の一部分を切り出すことを言います。例えばデジカメ等で撮影した画像に、不要な物が写り込んでいる場合、不要部分を省いて画像を切り出す事です。

上の2枚の写真を見て下さい。私がいつも料理を撮影している調理台です。左の写真はトリミング前です。恥ずかしいのですが向こうの方は篭やらが散らかっていたり、レンジが映っていたりして見苦しいです。一方右側はどうですか?後方の雑多な物がもう映っていませんね。写真から、見せたくない部分が画像に入らない様に画像を切り出したのです。これがトリミングです。トリミングは画像処理ソフトを使って出来ます。パソコンに標準で入っている画像処理ソフトなどに「トリミング」や「切り出し」と言った機能で付いていると思います。

  トリミング処理が出来るフリーソフトもあります。
私は使っていませんが検索で調べてみましたらこの辺りが有名な様です。
GIMPhttp://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se190877.html


Adobe社のフォトショップ を使って背景をキレイにぼかす

 Adobe Photoshop(フォトショップ)とはデジタル画像の加工修正をするソフトの事で、画像編集ソフトとして有名なソフトです。
 このソフトさえあれば写真を明るくしたり、ぼかしたり、色味を変えたりと画像は自在に操れます。左の写真を見て下さい。後方のお椀や茶碗がぼやけて手前のサラダはクッキリしているでしょう?料理等の写真は上に述べたトリミングで余分な物を消し、後方をボカシ、手前をクリアにしてやれば驚くほどその料理や器を引き立てます。一眼レフのカメラで無い限りはこのような奥行きを出すのは無理です(接写モードで近づいて撮ればある程度はこうなりますがここまでは無理です)。が、フォトショップがあればパソコン上で自分の好きな様に補正が出来るのです。もちろんトリミングも可能、サイズ調整後の画像を保存する際にも「WEB用に保存」と言う機能で高画質なのに小さな容量で保存する事も出来る凄いソフトなのです。しかしこのフォトショップ、プロフェッショナル仕様といいますか、驚くべき機能を山ほど搭載しているかわりに値段も並ではありません。楽天の安い店で買っても10万位します。そしてその機能を充分に使いこなす事もまた、大変な事です。


  ↑この様に可愛いロゴをササッと作って年賀状やグリーティングカード作りも簡単です。

 じゅ、じゅじゅうまん!?
なんだ、そんな高価なソフト私には買えないや・・・・(涙)って?大丈夫です^^。嬉しい事にこのソフト入門者向けバージョンとして「Adobe Photoshop Elements」(フォトショップエレメンツ)と言うのがが発売されていてこちらは1万円ちょっとですが私達の欲しい機能は充分に備えています。

  フォトショップエレメンツ
フォトショップ のエンジンを採用しつつ、より使いやすさを追求した製品になっていて、具体的には、オンラインヘルプを充実させ、さらに「レシピ」と呼ばれる目的別の一連の操作手順をまとめたチュートリアルも用意されている。レシピの具体的内容は、コントラストの調整や色調補正、ドロップシャドー(ぼやけた自然な影)付きテキスト、スキャン結果からのゴミ取りや赤目補正など、よく使う機能を20以上用意し、さらにインターネット経由で新しいレシピの入手も可能。 そしてお値段も手ごろで12,000〜13,000円程度で購入出来るし自信を持ってお薦め出来ます。
こちらの店でPhotoshop Elements(フォトショップエレメンツ)こちらのの店で11,340円(税込み)
Photoshop Elements(フォトショップエレメンツ)メーカーサイト詳細
体験版Windows版をダウンロード(228.0MB)
体験版Macintosh版をダウンロード(171.8MB)

  このソフト大変良いのは年賀状や暑中見舞い、引越し報告、バースデーなどなどのグリーティングカードを作る時にも大活躍します。私は毎年フォトショップで年賀状を作りますが、年賀状作成ソフトなどよりも断然お洒落な物が出来上がります。可愛いフリーフォント等を利用して自分だけのロゴも出来てしまうので、年賀状作りが好きな人には本当に楽しく役に立つソフトです。




こんなロゴマークもエレメンツならお手の物です。
こちらにエレメンツの講座などもあります。
デジカメきほん撮影塾 -Top-
エレメンツ講座は他にもネット上に沢山公開されています。



フォトショップ を使った画像修正の一例

これは撮影したまんま、処理前の写真です。右上のランチョンマットが切れているのが気になります。









フォトショップでトリミングして、ランチョンマットの切れを隠しました。トリミングした事によって写真がグッとこちらに寄ってきました。









写真の鮮明さがたりません。フォトショップのフィルター機能「アンシャープマスク」をかけて写真をクリアにしました。ボタン一つでこんなに鮮明になります。凄い!








「ぼかし」ツールをつかって皿の向こう半分から上をちょっと強めにぼかします。次は部分的に秋刀魚の下の醤油を少しぼかし、同じく部分的にひじきは少しシャープをかけました。
 これで出来上がりです。あとは「WEB用に保存を」をすれば高画質を維持したままの写真を低容量で保存出来ます。




もう一回修正前の写真を出してみましょう。写真がどれ位変わったか見比べてください。









フリーソフトでも良いのがあります
もちろん、フリーのソフトでも同じ様な機能を備えたソフトがありますのでまずはその様なフリーのソフトで画像をキレイに修正する練習をすると良いと思います。
 今は画像修正のソフトが何かしらパソコンにバンドル(初めからインストールされている)されていると思います。エレメンツがバンドルされていたらとっても嬉しいですよね。後はデジカメを購入するとそのデジカメにもやはり何かしら画像修正ソフトが付いてくると思います。私は富士通のパソコンですのでフォトショップを使う前は「@フォトレタッチ」だとか「らくらく写真館」等を使っていました。それで練習したのはよい勉強になりました。実はフォトショップも購入後使いこなせない時期が長らくありました。今でも勉強中ですがフォトショップは本当に楽しいので飽きません。
 下の写真も全てフォトショップで少し一手間をかけたものです。

   

後は構図などのセンスを磨きながら沢山撮影を重ねればきっと上手な写真が撮れる様になります。そして同時に料理の腕や盛り付けの腕も上がっている事と思います。




デジカメ写真の上手な撮り方
1章 撮影
2章 画像処理
フォトショップで画像処理(1)
フォトショップで画像処理(2)
私のカメラ

このページのトップ↑
DECOBOXで節約上手トップへ


 

DECO BOXで節約上手(C)2003 All Right Reserved.