節約コラム

 85.gif          2.gif

89.bmp このコラムの最新記事
10/21 スーパーのレジのおばさんの一言
10/16 スーパーのレジのお姉さんの一言
10/15 息子の肌 近況報告


74.gif スーパーのレジのおばさんの一言

先日のスーパーのレジのお姉さんの一言でエラク動揺してしまった私ですが、今度はスー...

2008年10月21日  14:02 | コメント (4) | トラックバック (0)

74.gif スーパーのレジのお姉さんの一言

んも~~~~っ!びっくりしました。 この間、子供二人を連れてスーパーに買い物に行...

2008年10月16日  00:47 | コメント (2) | トラックバック (0)

74.gif 息子の肌 近況報告

赤ちゃんの頃から肌の痒みに悩み続け、アトピー性皮膚炎と診断されていた息子です。 ...

2008年10月15日  14:46 | トラックバック (0)

★★ 節約コラム DECOBOXで節約上手 : 2008年10月 アーカイブ★

節約コラム DECOBOXで節約上手

2.gif

« 2008年09月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月21日

スーパーのレジのおばさんの一言

先日のスーパーのレジのお姉さんの一言でエラク動揺してしまった私ですが、今度はスーパーのレジのおばさんの一言です。

あれ以来、と言うか子供を買い物に普段はあまり連れて行かないのですが、たまたま次男のみを連れて買い物に出掛けた日がありました(別のスーパー)。

次男め、又レジの所でコロコロコミックを欲しがった。
今度は胸に抱いてしまい離さない。
でも、次男にだけ買ったらそれこそ家に帰ってからおにいちゃんが
「オレのがな~~~いっ!」
って、泣くに決まっている。やっかいな揉め事が起こるに決まっているのだ。

次男は前回と同じく、レジ打ちの最中
「オネガイ、買って~~~~~!!!!!!」
と涙の訴え。
私は
「○○クンだけ買ったらおにいちゃんとケンカになっちゃうよ。
お兄ちゃんと一緒に来た時にしようね」
となだめた。
「ヤダヤダ~~~~ヤダも~~~~ん!!」
と、カワイイ顔して泣いていた。が、ソレとコレとは別なので
「ダメじゃ」
と私。
そして、レジ打ちが終わり、レジのおばさんは、うちの息子の視線の位置まで下がってくれて、こう言った。
「お兄ちゃんがいない時に僕だけ買ってもらったらお兄ちゃんが可愛そうだな^^
僕だって、そうでしょう?又今度ね^^。
はい、それはオバちゃんにちょうだいね^^」
と言って、手を差し延べてくれた。
息子はウンウンってうなずきながらハイッてコロコロを手渡した。

子供ながらに他人様に無理なワガママを言ってはならぬと心得ているんだなぁ、と関心しました。
その後はケロッとした顔で、
「また今度ね^^!お兄ちゃんと僕がいい子にできたときにね^^」
と言って車の座席にチョコンと座った。
良い子だな、と思いました。
沢山ほめてあげて、家に帰ってから存分にカードゲームをしたり公園に行ったりして遊びました。
物を与える事でなく、触れ合って係わる事で私の愛情を伝えたいと思いました。

それにしても、今回はレジのおばさんに助けられました。
こう言う場面に遭遇しても干渉して来ない人も実際には多いですからね。
おばさん、どうもありがとうございました^^。

飽食の時代なんて言われますが、食べ物ばかりでなく何もかも、本当に物が溢れていますね。
子供への物の与え方も慎重にならざるを得ません。
行き当たりばったりで欲しがった物を買い与える事はなるべくしない様にしています。
その日のおやつに食べるお菓子くらいならまだしも、後々「片付け」や「大事に出来るかどうか」などが係わってくるものに関しては特にそう。
そうでなければ際限なく欲しがるし、部屋だって散らかる。
物の「ありがたみ」だって薄れてくる。

まだ小さい今は、おもちゃでも本でも、子供が欲しがるものを中心に買うのではなく、私が吟味した物の中から選ばせるようにしている。欲しいを物を買うのは、自分で自分のお金を管理するようになってからで十分。そうなったときに、正しい判断が出来る様な人間になれる様、今が訓練の時。
根気がいりますが、何度でも言い聞かせながら頑張ろう。

投稿者 DECO1 : 14:02 | コメント (4) | トラックバック

2008年10月16日

スーパーのレジのお姉さんの一言

んも~~~~っ!びっくりしました。
この間、子供二人を連れてスーパーに買い物に行った時の事です。
いや、そもそも子供連れて買い物はちょっと遠慮したかったのですがね、どうしても連れてけって子供が言うからウカツにも連れてっちゃったんだ・・・。

その前に、一つ説明しておかなければなりません。
その日、私は二人の息子とちょっとした約束をしていました。部屋の片付けキチンと出来たらご褒美としてコロコロコミックを買ってあげるという約束です。
(物で吊るのはどうか?と言われそうですが今日はそれは置いといて・・・・)
でも、二人ともお片づけをキチンでする事が出来ませんでした。
だから私はコロコロコミックを買わないよと断言してその日の買い物に出掛けていたのです。
前説終わり。


そして、スーパー。
買わないと言われていても、いざレジ横のコミックコーナーにおいてある魅惑のコロコロコミックを目にしてしまった息子達二人はレジ打ちの最中に
「買ってくれ攻撃」に出てきました。もちろん私は毅然と振舞います。
しかしソコは人様の手前、普段の数倍は優しく、
「今日は買わない約束だよ」
と。でも、目は怖っぽく。

それでも息子らはゴリ押ししようとしてきます。
お願い攻撃。
終いには、レジ打ち途中のカゴにポンっとコロコロを入れてしまったのです。
私は、
「今日はお約束守れなかったからダメだよ」
と普通の口調で言い、カゴから元のコミックコーナーに戻そうとしました。
ダメダメと手でディフェンス。私を防御する兄弟。
半泣きです、二人とも。
コロコロ獲得の為に必死です。

とうとうレジ打ちが終わり、レジのお姉さんはコロコロコミックを手に取った。
私はすかさず、
「ごめんなさい、今日は買いませんので戻してもらえますか?」
とお願いした。そしたらお姉さん、なんと困惑しながら・・・


レジを通した!ピッ♪


「@@!!あの、戻してください?!」
と私が言うとそのお姉さんの口から放たれた言葉はこうだ。

「子供達が可愛そうですっ!!」


目、目がテンになりましたが、私もそこで
「じゃあ買います」
なんて事も言えないじゃん?
なんとか形成立て直しして、
「そ、そ、そ、それはウチの事ですからっ!
今日は買えませんっ(思いっきし動揺)」

と言ったら、その姉さん納得出来ないって顔しながらレジを取り消した。

だったら姉さん!アンタが買ってやってくれよ!
とは言いませんが^^、
子供のねだりなんてのは、ほかっといたらキリが無いのです。
毎回、子供のほしがるものを無条件に買い与える事は親は出来ないのだ。
それは金云々ではなくね。
私も人前だから、それほど子供にキツイ言い方したつもりは無いけれど
「そんなキツカッタかな?どうだったんだろう?」
ってちょと我にかえったりもした。

でも別に腹は立たなかった。
だって、彼女はうちの息子らを可愛そう、って思って言ってくれた訳だからね。
むしろ優しいじゃん・・・。

それにしても、なんか色々考えちゃったよ。
別に、自分のした事(買わなかった事)は間違っていないと思っているけど、子供への諭し方って言うのかな?もう少し、言い方があったのかな?とかね。

もう、レジ間際でねだられるの怖いよ^^;。
だから、子供連れてくのいやなんだよね~。もー連れてかんからな!

投稿者 DECO1 : 00:47 | コメント (2) | トラックバック

2008年10月15日

息子の肌 近況報告

赤ちゃんの頃から肌の痒みに悩み続け、アトピー性皮膚炎と診断されていた息子です。
決して重い方ではなかったのですが、痒みは常に息子の肌を蝕んでいた。
小学校に上がり、勉強や学校生活に「落ち着いて」取り組む事への妨げになるのではないかと心配しました。痒くて常にモゾモゾしている感じでしたので。

小さな頃から、弱めのステロイドを処方され続け、最終的にはリンデロン(ちょっと強め)が出ていましたが一向に良くならないので、脱ステロイドを試みたのが今年(2008年)の5月。
それが前回までの記事。
アトピー治療&アレルギー対策カテゴリーの記事

食生活の方は「出来る範囲での実行」ですから特別厳しく制限していません。
肌のケアは、今までのステロイドを一切止めて、紫雲膏と美肌水を肌に塗るように変えました。それからお風呂の水の塩素除去、これらをキッチリ3ヶ月ほど(5月から7月)守った。

そして、現在。
肌の具合はとても良好です。
もち肌とまでは行きませんが、子供ならではのキレイなスベスベとした肌を取り戻しつつあります。
今までは手をつなぐとガサっとしていて、ごわごわとした皮膚でしたが今はフワッとした感触です。
膝裏などはまだ少しカサつき気味ですが、その他の所は実にきれいになりました。

ステロイドを止めて、直後に猛烈に掻き壊しリバウンドらしき症状がありましたが、その後はほぼ順調に肌は改善されている様です。
プールが始った頃と、9月の頭に全体的にガザガザと鮫肌っぽい感じになりましたが、再び美肌水と紫雲膏を夜1回塗る程度を1週間ほど続けると改善されました。

そして、現在は時々お風呂にビタミンcを入れる(塩素除去)のを忘れたりしますし、紫雲膏や美肌水も毎日は使っていませんが肌はとても良い状態です。至って普通の肌。

夏の間は痒みが気になっていましたが、今はボリボリと掻いている姿もほとんどみませんので痒みもよくなっている様です。これは、食べ物のせいかな~、ちょっとわかりませんが、キャベツや大根などの野菜を多く食べるようにして、魚を増やし、油は上質なものを使っています。でも、気をつけているのはそのくらいです。

とにかく、ずっと悩んでいた肌のトラブルがこの約半年でスッと消えたので正直、夫も私も驚いています。だって、ずっと病院でもらった保湿とステロイドを手放した事が無かったのですから。
現在は病院でもらったステロイドは全部捨てました。1本未開封のものを虫刺され用にとってありますが。

アトピー性皮膚炎と言うのは肌の疾患でその原因は人それぞれ、うちの息子にはこの方法があっていて良い効果が得られました。しかし私が息子にした療法が全ての人に有効かと言えば違うと思いますのでこれらの方法を参考になさるときは、ご自身で十分に知識をつけた上でなさってください。ちなみに私が参考にしたウェブサイトはコチラアトピーを3ヶ月で治す方法です。

しかしながら紫雲膏などは赤ちゃんのオムツかぶれの時などに病院でも出してくれるお薬です。母乳を上げている時の乳切れの時にも出される薬です。赤ちゃんの肌や、赤ちゃんの口に触れる部分に塗っても良い薬なのです。アトピーでなくとも、子供のちょっとした肌のトラブルや、アカギレ、カサつき、火傷、などにも良く効きますから常備していると何かと助けられると思います。
私はかかりつけの小児科の先生に頼んでいつも出してもらっています。

息子の肌に特別変化が見られた時には又報告します。

投稿者 DECO1 : 14:46 | トラックバック