節約コラム

 85.gif          2.gif

89.bmp このコラムの最新記事
06/03 美肌水を作る


74.gif 美肌水を作る

コメント欄で教えていただいた「美肌水」を早速作って試してみました。 (風見鶏さ...

2008年06月03日  19:47 | コメント (2) | トラックバック (0)

★★ 節約コラム DECOBOXで節約上手 : 2008年06月 アーカイブ★

節約コラム DECOBOXで節約上手

2.gif

« 2008年05月 | メイン | 2008年09月 »

2008年06月03日

美肌水を作る

116.jpg

コメント欄で教えていただいた「美肌水」を早速作って試してみました。
(風見鶏さん、ありがとうございます^^作ってみましたよ~)

材料は化粧品グレードの尿素とグリセリン。ドラッグストアなどでも簡単に調達できどちらも数百円と安価です。

保存するガラス容器や蓋などは念の為に煮沸消毒してから私はつかいました。
そこまでしなくても良いみたいだけど^^;。
113.jpg

114.jpg

作り方はとっても簡単で、ものの数分で出来てしまう。
水に尿素とグリセリンを混ぜるだけ・・・・
あまりに簡単過ぎて、あっけ・・^^。

尿素の袋に書いてあった方法で作りました。

●作り方
ガラス瓶に精製水(又は水道水)100CCを入れて、尿素25gを入れて良く振って尿素を溶かす。
(すぐに溶けます)
次にグリセリン小さじ1/2をいれて更に振る。以上

これで原液は出来上がりです。

出来た原液は煮沸したガラス容器で冷蔵庫保管。
100均で買ったスプレーボトルに原液少々を入れて、約30倍程に電子水で薄めて風呂上りや手洗い後などいつでもシュッシュしています。

本当は水道水で薄めて使うそうですが(腐敗等の防止の為?)、息子の体に使う場合水道水に含まれる塩素が嫌なので、電子水で薄めました。電子水は近くのスーパーで配ってくれる水です。

では使い心地の報告です。
5月20日に作ってその日から使っています。 お風呂上りは全身にスプレーして、カサつきの気になる部分には紫雲膏。 朝や帰宅後の手洗い後にもスプレーして、痒がっているときにもちょっとスプレー。 痒い時にシュシュっとしてあげると痒みはなんとなくではありますが、やわらぐ様で本人も痒い時は自分でシュッとしています。

私も顔に化粧水として、使って見ることにしました。
最初使った時は本当に、水を塗っているだけの様に思えて
「・・・・?????」
どうなんだろうか・・・・。と思ったのですが、軽く手の平でパッティングしていると、その内に頬が手の平にモチモチと張り付いてくるのがわかります。乾いた後もしっとりとしている事を感じます。

水でも同じように試してみましたが水では乾いてサラサラになるだけですので、やはり美肌水に保湿効果がある事を感じました。

使い始めて1週間経ちました。
私の顔は別に何も変化を感じていませんが、息子の二の腕や腿、お腹の引っかき傷が目に見えて減りました。
この部分は以前は、肌を掻き壊す程ではなかったのですが、いつも小さな引っ掻き傷でザラザラとしていました。
これは多分、美肌水によって肌がの荒れが改善されたと言うよりは美肌水によってカサつきが抑えられて痒みが減り引っ掻いてしまう回数が減ったのではないかな?と推測しています。
何にせよ、良い変化が現れた事は事実です。
このまま使い続けてみたいと思います。

掻き壊しで傷が深かった手の指辺りは大きな変化は無い様ですが、紫雲膏のおかげかアカギレ状の傷は改善されています。

脱ステロイドしてから・・・
5月の1日を最後に、4年以上使い続けてきたステロイドを一切止めました。
経過は良好です。

指と指の間の皮膚は傷が治ったばかりの皮膚が薄い状態ですが、一ヶ月前に比べると目に見えて良くなっています。

特別高価な器具等を買うのではなく、「生活の仕方をちょっとだけ改める」と言う事を念頭に一ヶ月が過ぎようとしています。私なりに出来ること、続けられる事を一番に考えて、肌に良い事をしてきました。
特別な事をしての治療では、ずっと続ける事が出来ませんし、高価な器具が必要な治療もやはり後が続きません。
(アトピー治療に関しては本当にビジネスがらみの製品が多く、情報も氾濫しています)

ステロイドを止めて、2週間程は肌は悪くなるばかりで、丁度2週間を過ぎた時に一度挫折しそうになりましたが、思いとどまりそこから少しづつ肌の改善が見られました。

何も策を講じずに、このままステロイドを塗り続ける事に不安を感じ肌のケアを始めたのですがこれからも続けて、経過を報告したいと思います。

アレルギー体質で、アトピー、喘息持ちの私の息子へ、メールやコメントを沢山頂きました。
本当にありがとうございます。
改めてお礼申し上げます。

美肌水の配合等は
美肌水レシピ(手作りコスメ素材の店ぴのあ)
に詳しく掲載されており、材料の購入も可能です。

h4

h3

h5
h5
h5
h5

投稿者 DECO1 : 19:47 | コメント (2) | トラックバック