節約コラム

 85.gif          2.gif

89.bmp このコラムの最新記事
04/10 自動車保険の倹約
04/04 ジェネリック医薬品 その2


74.gif 自動車保険の倹約

今月末自動車保険の満期が来るので、今年も見積りを出して各社を比較してみました。...

2007年04月10日  12:17 | コメント (2) | トラックバック (0)

74.gif ジェネリック医薬品 その2

 前回は薬代の節約としてジェネリック医薬品についてお話しました。 ジェネリック医...

2007年04月04日  12:48 | コメント (4)

★★ 節約コラム DECOBOXで節約上手 : 2007年04月 アーカイブ★

節約コラム DECOBOXで節約上手

2.gif

« 2007年02月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月10日

自動車保険の倹約

今月末自動車保険の満期が来るので、今年も見積りを出して各社を比較してみました。

三井ダイレクトで契約しているけど、ここが僅差で安いかな、今年も。
私が毎年、利用している見積りはカービューの自動車保険一括見積りです。もちろん無料で見積りできるのですが、
・アクサダイレクト
・アメリカンホーム・ダイレクト
・三井住友海上
・ゼネラリ
・ソニー損保
・チューリッヒ
・あいおい損保
・三井ダイレクト
・日本興亜
この9社の見積りがとれます。同等条件で各社の保険料を見比べる事が出来るので大変便利。
(見積りの満期までの日数が短くなると見積りできない会社も出てくるので注意)
後日、届いた見積書を並べて、まずはどこの保険会社が安いか、上位3つくらいをピックアップして、その3社の見積書を見比べて決める、と言う方法で決めています。
最終的には、見積書とインターネットで保障の詳細をキチンと確認してから契約、又は継続する様にしています。

ただ、最近は各社「リスク細分型」の保険が主流なので、リスクの分類方法が会社によって微妙に異なっています。一括見積もりだと大まかな条件を指定して横並びに保険料を算出しますので、細かい特約などを付ける場合は保険料が少し変わってくる事も考えられます。
正確な保険料を算出したい!と言う場合には会社ごとに見積りを取る必要があります。

今年は、以下の4つで個別見積りも取りました。

アメリカンホーム・ダイレクトの無料見積り
アメリカンホーム・ダイレクトは、リスクがかなり細かく分かれていますし、保険料が安くなる特約等も多くありますのでここは個別の見積りをした方が保険料が正確に取れます。
見積りのし易さはあまり良いと感じませんが、見積り完了後ユーザー登録出来るので、登録しておくと後から見積りの内容を呼び出せるのでそれは大変便利。(見積りに必要な情報を再度入力するのは大変なので・・・)

自動車保険はそんぽ24
今年は損保24(はなコアラの・・・)が気になっていたのでここでも個別の見積りを取ってみました。途中、ちょっと保障の内容について聞きたい事があったので、フリーダイアルのコールセンターに掛けて色々と質問したのですが、大変解りやすくて親切な説明をして下さりました。ここぞとばかりに色々な質問をしてしまったのですが、凄く丁寧に教えて下さり感激^^。それに、損保24なかなか保険料安いです。ただ年式の古い車に関しては車両保険が付かないのでそこん所のみ注意ですが、今回うちの車は8年乗ってる車でボロいの~~。ですから車両はあえて外して、損保24に掛け変えを検討しています。
(ちなみに車両保険についての事をコールセンターのお姉サンに色々と教えていただきました)来年新車購入の予定があるので無しでも良いかもな~、車両。

三井ダイレクト損保の【保険料かんたんチェック】。三井ダイレクトは安いですね、いつも。うちの保障内容だと大抵毎年ココが安いかな?ここも、メンバー登録出来るので便利。取敢えず後で車両保険を止めた内容で見積りし直すつもりです(こう言う時にユーザー登録出来ると便利なんです)。

アクサダイレクトオンライン見積り
ここは車両保険をつけて考えてもかなり安いと言う事だったので、取敢えず見積もりしてみました。やっぱり安いですね、車両保険料が安いのかな~?

今年は車両保険を付けるか否かでどこの会社で契約するかが決まりそうです。
「自動車保険が高いと感じている人は・・・」と言うキャッチフレーズの宣伝がありますが、本当に自動車購入に保険に入ったっきり自動継続を続けている方は大抵保険料を安くする事が出来ますので、一度見積もり取ってみる事をおススメします。
私も初めて、見積りをして掛け変えを実行した時3万円ほど安くする事が出来ました。

自動車保険の節約に関するコンテンツはこちらもご覧下さい。
DECOBOXで節約上手(自動車保険の節約)

投稿者 DECO1 : 12:17 | コメント (2) | トラックバック

2007年04月04日

ジェネリック医薬品 その2

 前回は薬代の節約としてジェネリック医薬品についてお話しました。

ジェネリック医薬品とは、開発費用が掛かっていない為に、同じ成分で同じ効能でも価格の安い後発医薬品の事を言います。国をあげて推奨しているジェネリック医薬品ですが、国民に浸透してるかと言えばそうでもなく、使いたいけどどうしたら処方してもらえるか、その方法が分からないと言うのが現実の様です。

私は今回、ジェネリック医薬品について、20件ほどの病院にランダムに電話をしたのですが、
大きな総合病院などでは大抵扱っている様ですが、個人病院だと院長の方針でジェネリックの積極的使用をしていない所も多い、と言う事が分かりました。
実際に電話で問い合わせて質問をしたのですが、総合病院はどこも
「処方出来ます。診療の際にドクターに相談してください」
と言う返事が返ってきました。
そして、小さな個人病院では7割方
「うちでは出していません(キッパリ)」
との返事・・・、つれなかった(泣)
でも、最後にお話した個人病院の薬剤師さんが親切に色々とお話をして下さいました。

患者がジェネリックの処方を希望した場合、どこの医療機関もそれを拒否する事は出来ないそうです。
後発品(ジェネリック)で対応できる薬が無い場合は仕方ありませんが、そうでない場合は医師はジェネリックでの処方箋を出してくれると言う事でした。
しかし、医師によってはジェネリックの処方に積極的でない医師もいる。最終的には医師の判断になるのでジェネリックを出して欲しいならジェネリックを推奨している医師に掛かる方が近道との事でした。

ちなみにその病院はジェネリックを使っている病院でした。しかし、全ての薬がジェネリックで代替できる訳でも無いので、簡単に薬代を安くしたいからと考えても無理の様です。

ジェネリック医薬品が良く使われるケースは、
「高血圧」「高脂血症」「がん」
などの、治療が長期にわたる病気です。長期治療の場合はジェネリックを使うと薬代を大変安く投薬治療が出来ると言う事でした。もし、長期治療で薬を飲んでいる人で薬代が高くて困っている方は一度担当医師に相談してみると良いかもしれませんね。ドクターの性格によっては効きづらい時もありそうですが・・・(汗)

もっと、身近な病気、例えば骨粗しょう症や風邪薬などはジェネリックで代替出来ないのでしょうか?の質問に対しては、
骨粗しょう症はジェネリックで代替できる物が無い
風邪薬の場合では、処方箋をジェネリック代替の処方箋に書き換える手数料が掛かるそうなのですが、その手数料の方が高くついてしまい、トータルの支払額を考えると利用価値が無いと言うことになってしまいます。と言う事を仰っていました。
ちょっと残念。
医療費削減の為に国の方針として使用を推奨されているとは言え、欧米よりジェネリックの使用率が低い日本では存在感が薄い様です。う~む、やっぱり日本ではジェネリック薬品の浸透はまだまだの様ですね。国の政策もそこまでは追いついていないのでしょう。

しかし、日本も確実に少子化高齢化が進んでいます。歳を取れば病気もするし医者に掛かる事も増えます。医療費(薬代)も、もっと多くなると思います。私個人としては、もっとジェネリックを使いたいと思いますし、これからは少しづつ日本の薬業界にも浸透してくる事を期待しています。

ジェネリックに関してお詳しい方、ご意見等ありましたらコメント欄にて情報お待ちしています。
関連記事等ございましたらトラックバック大歓迎です。

投稿者 DECO1 : 12:48 | コメント (4)